• DMCの社員を知る
  • デジタル統合プランニング部 金原 依子

私が関わった広告やキャンペーンで
たくさんの人を動かしたい。
その日をめざし、日々勉強です。

デジタル統合プランニング部

金原 依子

2017年入社

私が関わった広告やキャンペーンでたくさんの人を動かしたい。その日をめざし、日々勉強です。

絶対に広告会社と決めていました。

大学では、マーケティングのゼミに所属していました。ラジオ局のPR企画を立案したり、商品企画コンテストに参加したりするのがとても楽しく、次第にターゲットの心を動かすような企画がしたい!と思うように。その頃から、就職先は絶対に広告会社と決めていました。でも実は、大学時代はデジタルの知識がほとんどなかったんです。現在のデジタル統合プランニング部に配属され、研修や周囲の先輩たちに教わりながら、WEBの専門知識を身につけていけるよう日々勉強しています。

魅力は、やはり人の温かさだと思います。

当社は、広告業界トップの「電通グループ」のノウハウと、地域に根づいた「名鉄グループ」の信頼、両方がある企業です。電通の研修やセミナーが受けられたり、昔からのお付き合いがある企業とのお仕事があったりというところは、数ある広告会社の中でも特徴的なところではないかと思います。
職場の魅力は、やはり人の温かさだと思います。入社前は、広告会社というと華やかで派手なイメージでしたが全くそういったところがなく、和気あいあいとした職場の雰囲気です。私は、仕事に集中しすぎて無意識に悩みを1人で抱え込んでしまうタイプなので、先輩方からよく声を掛けてもらえたり、元気がないと心配していただけたりするのもありがたいです。

大きなキャンペーンにチャレンジ

現在、私はWEB広告の運用と提案をメインで行っています。主な業務としては、クライアントの課題やターゲットに合わせて媒体戦略を立て、企画書をまとめて提案。その後、制作した広告データを媒体社へ入稿する、という流れです。入社するまでは、デジタルは画面上で完結してしまう部署だと思っていましたが、企画提案時と結果報告の際は必ずクライアントと直接お話しをする機会があります。そこで「WEB広告をやってよかった。効果があったよ!」と言っていただけるときが何よりも嬉しい瞬間です。
今後は、大きなキャンペーンの設計にチャレンジして、たくさんの人を名古屋に呼ぶことが目標です。私が関わった広告を見て、全国から人が集まり、クライアントに喜んでいただけたら幸せだなと思います。

~Message~

就活生のみなさんへ

就職活動は人生の大きな節目なので、迷ったり悩んだりすると思います。入社したい会社をよく知って選ぶことはもちろん大切ですが、それと同じくらい「自分が本当にやりたいこと・できること」をとことん見つめてみてください。たくさん悩みぬいて選択した会社では、きっと大きな成長ができると思います!

※本インタビューは2017年12月の情報を元に制作されています。

他のインタビューを見る