キーマンが語るビジョン

OOHメディア局長 松田 浩資

OOHメディアは、今後も
大きな可能性を秘めている。

OOHメディア局長松田 浩資

昨今、若い世代を中心に「テレビ離れ」が進行し、マスメディアの力が相対的に落ちてきたと言われています
一方でデジタル広告は勢いを増していますが、販売や申し込み獲得など「刈り取り型ソリューション」の意味合いが強いため、ブランディングの面では弱いと感じます。

OOHメディアは、日常の生活導線をメディアで繋げ、生活者に対して継続的にコミュニケーションを図ることができ、アイデア次第では無限の可能性を秘めていると考えています。

私たちOOHメディア局では名古屋鉄道の電車・駅の交通メディアをはじめ名鉄バス、名駅エリアのランドマークでSNS映えスポットとしても人気の「ナナちゃん人形」などのメディアの管理・開発・販売を行っています。
OOHメディア業界においてもデジタル化は目覚ましい勢いで進んでおり、デジタルサイネージの開発・運用はもちろん、駅の新規メディアの開発にも取組んでいます。

OOHメディア局がこれからチャレンジしていく大きなテーマが、名鉄名古屋駅を始めとした同エリアの再開発事業に向けた広告スペースの企画・開発です。
リニア開業を見据えた近い将来、新たなメディア開発で大きなビジネスチャンスを生み出せる可能性もあるなど、未来への夢が広がります。 多くの人々が乗り降りする場所で、どのようなメディアを使ってどんな情報提供やアプローチを行っていくのか?を根本的な部分から構築していくことが重要なため、最新の広告手法や広告事例に目を光らせ検討を進めています。
プロジェクトを通じて私たちが手がけた広告で、生活者に有益な情報を提供し、クライアントと生活者を結ぶコミュニケーションの新しい形が創造されることを期待しています。

そのような状況の中で私たちが求めるのは、OOHメディアに限らず好奇心が旺盛で、新しいことを貪欲に吸収し、想像力を駆使して新しい価値を創造できるような人材。
また過去の慣習や既成概念にとらわれず、新しい発想でリーダーシップを発揮してみんなをまとめることができる人材です。 私自身もめざしている姿ではあるのですが、自分のまわりに自然と人や情報が集まってくるような求心力を持った方を期待しています。

(OOH=Out of home。OOHメディアとは、電車や駅の交通広告、ビルの屋上・壁面の看板、道路沿いのビルボード等、家の外で接触する広告媒体の意。)

松田 浩資

OOHメディア局長

営業部門として名古屋本社を中心に、金沢、東京、三重を経験しそれぞれのエリアで営業を拡大。
2017年よりOOHメディア局長に就任し、2027年に完成予定の名鉄新ビル・新名鉄名古屋駅にふさわしい広告スペースの企画・開発に取り組む。