キーマンが語るビジョン

統合プランニング局長 加藤 文敏

マーコム領域のコンサルティングと実行で
クライアントとともに成長する。

統合プランニング局長加藤 文敏

私たち統合プランニング局が注力しているのが、広告業界全体で言われている「ビジネスモデルの転換」です。
これまでの広告代理業ではなく、私たちが生みだす『知的な価値』にふさわしい対価をフィーでいただくビジネスモデルの確立をめざしています。
私たちは中間業者ではなく、得意とする「マーコム(マーケティング&コミュニケーション)領域のプレーヤー」として活躍すべきであり、クライアントのビジネスを伸ばしていく「アイデアのメーカー」であるべきだと考えます。
最近は広告会社のライバルがコンサルティング会社だと言われているようですが、そもそも私たちはマーコム領域のコンサルタントであり、しかもエグゼキューション(実行)が本業です。

マーコム領域の知見を活用した事例として、あるクライアントが売り出した新商品のブランド開発プロジェクトに当社も参画しています。
ブランドコンセプトからロゴ開発、パッケージ作成、店頭デザインなどを当社が担当し、順調な滑り出しを見せています。
東海エリアにはこれまでBtoB領域を主なフィールドとしてきた優秀なものづくり企業が多いのですが、社会情勢を考えると、今後は多くの会社がBtoCの領域に乗り出していくのは間違いないと考えます。
その際に、私たちが持つマーコム領域の知見が大いに活かされると感じています。
また、当社は公共性の高い名古屋鉄道グループの一員として、世の中に『サムシンググッド』を生みだすプラットフォームキャンペーンの開発も手がけています。

統合プランニング局が求めるのは、頭の回転が速く好奇心を持った人材です。
この仕事は、すべてにおいて自分で課題を見つけ、自分で答えを出していく姿勢が重要です。
努力も集中力も必要ですが、何よりも「好き」という感情がモチベーションの源泉となる仕事だと思います。
鶏口牛後という故事がありますが、やはり「鳥でもいいから嘴がいい!」「物事を先頭きって引っ張っていきたい!」という人材が大きな裁量をもって活躍できる職場です。
指示待ちではなく、常にリーダシップを発揮して結果に対して主体的にコミットできる方からの応募をお待ちしています。

加藤 文敏

統合プランニング局長

名古屋、東京でのクリエーティブ部門を経験。
企画、プランニング、マーケティング、クリエーティブ、デジタルサービス等、統合プランニングの視点からコミュニケーションサービスをプロデュース。

主な受賞歴:クリエイター・オブ・ザイヤー メダリスト 他